会社案内
会社概要
 社 名 重松工業株式会社

 代表者 代表取締役 重松恒明

 所在地 〒851-2102 長崎県西彼杵郡時津町浜田郷183番地16

 TEL 095-882-2032(代表)

 FAX 095-882-0504

 E-mail shigematsu-industry@sigematsu.jp

 設 立 昭和32年7月

 資本金 1,100万円

 敷地面積 14,200m2(4,300坪)

 建物面積 7,000m2(2,110坪)

 社員数 70名(男性:63名 女性:7名) (平成28年1月現在)

 主な取引先 ・三菱電機株式会社 長崎製作所
・東芝三菱電機産業システム株式会社(TMEIC)
・長崎菱電テクニカ株式会社
・株式会社東洋機工製作所
・株式会社MHPSコントロールシステムズ
・株式会社立花エレテック

 取引銀行 ・商工組合中央金庫 長崎支店
・親和銀行 旭町支店
ページのトップへ戻る
会社沿革
 昭和31年 3月 三菱重工業(株) 長崎造船所殿 取引許可

 昭和32年 7月 有限会社重松工業所設立

 昭和39年 1月 三菱電機(株) 長崎製作所殿と取引開始

 昭和42年 8月 長崎県電機工業協同組合 設立
(国、県、三菱電機殿の指導により 長崎県第1号の協同組合)

 昭和43年 5月 協同組合内へ工場を一部移転
産業機、空調機器製作 回転機ファン製作

 昭和50年 6月 重松工業株式会社 設立
(有限会社重松工業所 時津工場 独立)

 昭和55年 2月 長崎市光町5番20号に重松総合ビル建設

 昭和57年 8月 NCターレットパンチプレス1号機(COMA567)導入

 平成8年 12月 協同組合不動産を3社にて所有権分割(組合継続)

 平成9年 10月 自動粉体塗装ライン導入

 平成16年 7月 レーザー加工機導入

 平成19年 7月 NCターレットパンチプレス(EM)+自動ライン 導入

 平成21年 5月 25tonクランクブレス導入

 平成22年 3月 長崎電機工業協同組合を解散(当社1社のみとなった為)

 平成22年 4月 自社製:半自動スポット位置決め装置製作

 平成22年 9月 塗装乾燥炉一体化ブース導入

 平成23年 4月 自社製:制御盤用六面体治具製作

 平成23年 5月 隣接地6,400m2、工場3,000m2購入

 平成23年 6月 防塵塗装ブース・乾燥炉導入

 平成23年 12月 制御盤組立・配線部門を立ち上げ

 平成25年 4月 新部門 アミューズメント機器保守・メンテナンス事業を開始

 平成25年 6月 バフ研磨機、MIG溶接機を導入

 平成25年 10月 太陽光パネル(200kW)を導入し、発電を開始

 平成25年 11月 ジョッキワゴン<SJW-SG>、メダル洗浄機<SGW-S>の販売開始

 平成26年 3月 レーザー加工機、CNC旋盤加工機を導入

 平成27年 12月 NCタレパンレーザー複合機(ACIES-T)を導入

 平成28年 1月 ISO9001:2008 認証取得

 平成28年 3月 第二事務所 増築

ページのトップへ戻る
基本理念
1.安全第一と顧客視点に立った発想

2.品質は、取引の絶対条件

3.創意工夫の精神の醸成

4.規模に依存しない会社づくり(内部付加価値率の向上)

5.法令遵守を行い社会人としての人間形成の職場
ページのトップへ戻る
基本方針
・安全は、会社運営上 大前提条件。最優先で取り組みます。
当社はお客様側から見て利用価値の向上つまり発注しやすい「ここだったら安心して仕事を出せる」と思われる 会社をめざし組織活性化と業務遂行能力の強化を図りながら工場運営をやってまいります。

・品質は取引の基本。お客様には不良品を絶対流出させない品質体制を確立していきます。

・「品質の向上」「生産性の向上」を常に念頭に置き、技能・技術の底上げを図れるよう創意工夫の精神を忘れずに まずは実行、必ず成果を出していきます。

・ものづくり会社において、負荷変動に備え現場改善努力により、極力外部流失費用を削減し規模が減っても 着実に利益を創出できる会社作りをしていきます。

・法令を遵守し、自主健康管理を促進しながら社会人として自覚と責任を持った人間形成ができる職場にしていきます。
ページのトップへ戻る
アクセスマップ
所在地:長崎県西彼杵郡時津町浜田郷183番地16

・長崎空港行高速船のりばより徒歩約5分
・時津中学校前バス停下車すぐ

重松効行株式会社 所在地
会社案内
 会社概要
 会社沿革
 基本理念
 基本方針
 アクセスマップ